【ガパオライス】親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

【ガパオライス】親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

タイ料理ガパオライス 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ幼児食レシピ
Asu
Asu

こんにちは!
はじめての子育てに奮闘中のAsu(@asu_designlife)です!

今回、ご紹介する幼児食レシピは、タイ料理で有名な「ガパオライス」です。

ピーマンが苦手なお子さんでも、ナンプラーの風味でピーマン特有の苦みがおさえられ、食べやすくなっています。

我が家の2歳児もピーマンが苦手ですが、ガパオライスにすると不思議とよく食べてくれます!

ガパオライスは、脂肪分の少ない鶏ひき肉を使います。ヘルシーなので、大人にとってもうれしいですね。

Asu
Asu

主食のごはんと、野菜、タンパク質を同時に摂取できる、栄養バッチリのメニューです。
ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

ガパオライスとは

タイ料理ガパオライス 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

日本語で「バジル炒めご飯」という意味の料理です。鶏肉や野菜を、ナンプラーとオイスターソースで炒めて作ります。それを目玉焼きと一緒に、ご飯にかけて食べるのが一般的。

タイ料理の中でも、ガパオライスは日本人にも大人気!栄養バランスもバッチリで、お手軽に作れるタイ料理です。

親子で一緒に食べられる「ガパオライス」

タイ料理ガパオライス 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

ガパオライスの材料

タイ料理ガパオライスの材料
  • 大人2人前、幼児1人前(1歳半~3歳)
玉ねぎ1/4個
ピーマン2個
鶏ひき肉300g
サラダ油適量
①合わせ調味料
①ナンプラー小さじ1
①オイスターソース小さじ1
①料理酒大さじ1/2
少々
2個
うずらの卵1個

ナンプラー(魚醤)とは・・・
魚を発酵させて作る、タイ料理には欠かせない調味料です。
日本でいうお醤油のようなもので、独特な風味が特徴。
通常のスーパーでも購入できます。

Asu
Asu

お子さんの成長にあわせて、バジルのみじん切りを入れると、本格ガパオライスになります!
どうしてもピーマンが苦手な場合は、パプリカでもOK!

スポンサーリンク

ガパオライスの作り方

【共通】大人用・幼児用、共通の工程
【大人用】大人用の工程
【幼児用】幼児用の工程

  • 【共通】フライパンにごま油をひいて、鶏ひき肉を炒める
タイ料理ガパオライス 材料を炒めている写真
  • 【共通】鶏ひき肉に火が通ったら、細かく切ったピーマンと玉ねぎを入れ炒める

我が家では、ぶんぶんチョッパーを使って食材を細かくしています。

タイ料理ガパオライス 材料を炒めている写真
Asu
Asu

ぶんぶんチョッパーを使えば、あっという間に細かくなります♪

  • 【共通】合わせ調味料を入れ炒める

料理酒のアルコールを飛ばすため、しっかり沸騰させてください。

  • 【幼児用】器によそったご飯のうえにかける
  • 【大人用】塩で味を整えてから、ご飯のうえにかける
  • 【共通】目玉焼き(幼児用はうずらの卵)をのせて完成!

お子さんが成長して、味が薄いときは・・・
幼児用にも塩(少々)を入れて味を調整してください。

まとめ:ガパオライスでピーマン嫌い克服!

タイ料理ガパオライス 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

親子で一緒に食べられる幼児食レシピ「ガパオライス」をご紹介しました。

ピーマンの苦みが嫌いなお子さんは多いと思います。私自身もそうでした・・・

我が家の2歳児もピーマンが苦手ですが、ガパオライスでピーマン嫌いを克服しました!

  • 食材が細かいから、食感が気にならない
  • ナンプラーの風味で、ピーマンの苦みがおさえられる

と予想していますが、子どもがまだ話せないので真相は謎のままです・・・

そして、幼児用のガパオライスに使っているうずらの卵は、栄養満点で幼児食にぴったり!詳しくは、栄養満点!離乳食や幼児食に使える【うずらの卵】をご覧ください。

↓↓↓

Asu
Asu

ピーマンが苦手なお子さんに、ぜひ試してみてくださいね♪

written by Asu(@asu_designlife

コメント