【野菜たっぷり八宝菜】親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

【野菜たっぷり八宝菜】親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

野菜たっぷり八宝菜 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ幼児食レシピ
Asu
Asu

こんにちは!
はじめての子育てに奮闘中のAsu(@asu_designlife)です!

今回、ご紹介する幼児食レシピは、「野菜たっぷり八宝菜」です。

野菜が苦手なお子さんでも、野菜を小さくしてあんかけにすることで、食べやすくなっています。

我が家の2歳児も野菜嫌いですが、八宝菜はよく食べてくれるので助かります!

お肉は、脂肪分が少ない鶏ひき肉を使います。ヘルシーなので、大人にとってもうれしいですね。

Asu
Asu

主食のごはんと、野菜、タンパク質を同時に摂取できる、栄養バッチリのメニューです。
ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

親子で一緒に食べられる「野菜たっぷり八宝菜」

野菜たっぷり八宝菜 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

野菜たっぷり八宝菜の材料

野菜たっぷり八宝菜 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ
  • 大人2人前、幼児1人前(1歳半~3歳)
白菜1/4カットの半分~
人参1/2本
鶏ひき肉300g
うずらの卵(または水煮)6個
ごま油適量
300ml
①合わせ調味料
①鶏がらスープの素大さじ1
①オイスターソース大さじ1
①料理酒大さじ1
塩・こしょう(大人用)少々
水溶き片栗粉大さじ2.5
Asu
Asu

食べられる食材が増えてきたら、エビやきのこ類を入れるのもおすすめ!

スポンサーリンク

野菜たっぷり八宝菜の作り方

【共通】大人用・幼児用、共通の工程
【大人用】大人用の工程
【幼児用】幼児用の工程

  • 【共通】白菜と人参を食べやすい大きさに切る
  • 【幼児用】子どもが食べられる量の白菜と人参を細かく切る

白菜の葉先がやわらかくて食べやすいため、幼児用にはおすすめです。
我が家では、幼児用の材料を、ぶんぶんチョッパーを使って細かくしています。

野菜たっぷり八宝菜 ぶんぶんチョッパーにかけた材料
Asu
Asu

ぶんぶんチョッパーを使えば、あっという間に細かくなります♪

  • 【共通】フライパンにごま油をひいて、白菜と人参を炒める
  • 【共通】白菜と人参がしんなりしてきたら、鶏ひき肉を入れ炒める

大人用を通常のフライパン、幼児用をミニフライパンで同時に調理します。

  • 【大人用】鶏ひき肉に火が通ったら、水と合わせ調味料を入れて沸騰させる

料理酒のアルコールを飛ばすため、しっかり沸騰させてください。

野菜たっぷり八宝菜 材料を煮込んでいる写真
  • 【幼児用】子どもが食べられる量の汁を、大人用から幼児用に取り分ける

離乳食を卒業したばかりのお子さんは、20mlほど水を加えてください。

野菜たっぷり八宝菜 材料を煮込んでいる写真
  • 【大人用】塩・こしょうで味付けをする
  • 【共通】弱火で5分ほど煮る

大人用は、塩(小さじ1/3)こしょう(少々)で味をみながら調整します。

  • 【共通】一旦火を止めて、水溶き片栗粉を入れる
  • 【共通】再度、沸騰させてとろみがついたら、茹でたうずらの卵(または水煮)を入れる
  • 【共通】ご飯にかけて完成!

水溶き片栗粉は、大人用(大さじ2)幼児用(大さじ0.5)を目安に入れてください。

お子さんが成長して、味が薄いときは・・・
幼児用にも塩(少々)を入れる、または大人用に塩・こしょうで味付けした後の汁を取り分けてください。

まとめ:野菜がたくさん食べられる八宝菜

野菜たっぷり八宝菜 親子で一緒に食べられる幼児食レシピ

親子で一緒に食べられる幼児食レシピ「野菜たっぷり八宝菜」をご紹介しました。

うずらの卵は、のどに詰まると危険なので、お子さんに食べさせるときは、小さくしながらあげてくださいね。

うずらの卵は、栄養満点で幼児食にぴったり!詳しくは、栄養満点!離乳食や幼児食に使える【うずらの卵】をご覧ください。

↓↓↓

Asu
Asu

野菜が苦手なお子さんに、ぜひ試してみてくださいね♪

written by Asu(@asu_designlife

コメント