【安全】はじめてのハサミにおすすめ!2歳から使えるハサミ&練習ドリル

2歳から使える!はじめてにおすすめ ハサミ&練習ドリル 子どもの集中力を鍛えよう!子育て
こんな人に読んでほしい!

子どもにハサミを使わせたいけど…

  • はじめてのハサミは何がおすすめ?
  • 幼児用のハサミは本当に安全?
  • どういう練習をしたらいいの?
Asu
Asu

こんにちは!
はじめての子育てに奮闘中のAsu(@asu_designlife)です!

子どもがもうすぐ2歳になる頃。

保育園に通っている子たちが、ハサミを使い始めているという情報を耳にしました。

Asu
Asu

もしかして、そろそろハサミの練習をした方がいい!?

ということで、我が家も早速、ハサミデビューしてみることに!

結論から言うと、2歳になる子でも、ちゃんとハサミを使えるようになりました!

今回は、2歳から使えるおすすめのハサミと練習ドリルをご紹介します!

Asu
Asu

雨の日のおうち遊びにぴったり!
ハサミを使うことで集中力も鍛えられます。

スポンサーリンク

はじめてのハサミにおすすめ「きっちょん」

メーカークツワ
参考価格660円(税込)
対象年齢2~5歳
生産国日本

安心の日本製で、老舗の文具メーカー「クツワ」が作っています。

1994年にグッドデザイン賞を受賞しており、安全性もよく考えられたハサミです。

カラーは、ブルー・グリーン・ミント・ピンク・パープル・イエローの6色で、イエローは左利き用なので、注意してくださいね!

きっちょんの3つの安全性

  • 刃先までカバーされていて安心・安全
  • 怪我をしにくい押し切り刃
  • 弱い力でも楽に開くスプリング機能

きっちょんの機能

出典:https://www.kutsuwa.co.jp/items/ss112bl/

Asu
Asu

スプリング機能について、詳しく解説します。

きっちょんのスプリング機能

このスプリングがあるおかげで、力が弱い2歳児でも、簡単に紙を切ることができます!

簡単に紙が切れると言うと、「え…それって危ないじゃん!」と思うかもしれません。

実際に私が使ってみたところ、通常のハサミだと力を入れて切るのに対して、

スプリングのバネが補助してくれるため、余計な力を入れずに切ることができます!

Asu
Asu

むしろ、力を入れずに切ることができるので安全です!

スプリングは収納できるため、補助がいらなくなったら、普通のハサミとして使うこともできます。

きっちょんのスプリング機能
スプリング収納時の写真
Asu
Asu

対象年齢が、2~5歳ぐらいなので、小学校入学前まで長く使うことができますね!

スポンサーリンク

ハサミの練習は「くもんのドリル」

出版社くもん出版
参考価格各594円(税込)
対象年齢2~3歳

「すいすいきってみよう」は、「さいしょのきってみよう」に続くドリルなので、

今回は「さいしょのきってみよう」にチャレンジしました!

3つのステップアップ練習

  1. 1回ハサミを開いて閉じる練習
  2. 少し長い真っ直ぐな線を切る練習
  3. 最後は折れ曲がった線を切る練習
くもんのハサミ練習ドリル

学習教材のノウハウがあるくもんのドリルなので、知育としてよく考えられています。

まずは、ハサミを開いて閉じる1回の動作で、ちょきんと切れるところからスタート!

Asu
Asu

ステップがあがっていくにつれて、ハサミで切ってテープでつなげるという要素もあり、工作としても楽しめます!

できたね!シールでやる気がアップ

くもんのハサミ練習ドリル

ドリルには、シールと表彰状がついているので、できたらシールを貼って表彰状を完成させます。

Asu
Asu

2歳ぐらいだとシールを貼るのに夢中になってしまうかもしれませんが、気楽にやっていきましょう!

まとめ:ハサミ練習で子どもの集中力を鍛える

早い段階からハサミを練習することで、

  • ハサミの正しい使い方を学ぶ
  • 指先の感覚や集中力を鍛える
  • 形を切って想像力を育てる

といったメリットがあります。

Asu
Asu

いつもバタバタ走り回っている我が子ですが、ハサミを使っているときは、とても集中しています。

練習のコツは、初めからひとりでやらせず、まずは親が手をそえて一緒に切ってあげてください。

ドリルだけだと自由に切れないので、飽きるのが早いです。

慣れてきたら、ドリルと並行して折り紙などを自由に切らせてあげると、集中して切っています。

最初は、思い通りに切れないかもしれませんが、切っていくうちに、だんだんと制御できるようになってきますよ!

Asu
Asu

安全面に配慮されたハサミですが、使うときは怪我をしないように、親が付き添ってあげてくださいね。

\今回、ご紹介した幼児用のハサミと練習ドリルはこちら!/

コメント